子安パラダイスな日々。朝から晩まで子安漬けです!
T'sぱらだいすの顔
banner
見つからないときはこちらで検索
検索ワードに対して関係のない記事しか出てこなかった方、ここでもう一度検索してみてください。きっと辿り着きます!
ポチッとよろしく
皆さんが押してくれるとランキングに反映されます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ 男性声優へ 人気ブログランキングへ
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
またまたBLCDです。苦手な方にはごめんなさい。
今日は子安×緑川の エ/ン/ジ/ェ/ル/ゲ/ー/ム です。最近なんばらんばっかり聞いています。
未聴ストックの中になんばらん作品が大量に残っているのでこの後も感想を上げますが、私にはあまり好みではないので辛口評価になると予想します。

先日、なんばらん作品は中身がなくてエロばっかりと早速辛口発言。
でもこれは違いました。 やればできるじゃない!!
内容に惹き込まれました。
どこを切っても同じな金太郎飴のようなものばっかりかと思ってました。

南原先生には珍しい サスペンス風味
この先生が裏で策略めいたものが書けることが意外でした。
この作品、ラジオドラマだったそうで(電波にのった)、最初から絡みシーンなんですが…(驚)
BGMが素敵というか淫靡で、そのBGMが何かが裏に渦巻いている気配を醸し出してます。
そして、BGM効果も相まって子安さんの声が品があって素敵! 綺麗!!
緑川さんのファンの方には嬉しい、シリーズ4枚すべての巻末に南原先生と緑川さんの対談が入ってます。今更ながら、先生って女だったんですね。 男性のBL作家は…いるんでしょうか?(笑)

それではレビューは裏にたたみます。拍手ありがとうございました。
紹介して下さったM様、この場をお借りしてありがとうございました。


1.エ/ン/ジ/ェ/ル/ゲ/ー/ム 前編・後編
2.堕/天/使/ゲ/ー/ム 前編・後編   2004年

麻生 司(cv子安さん)×鷹塔薫(cv緑川さん)
蓮城元紀(cv鳥海さん)×灰谷史彦(cv鈴木さん)

冒頭から綺麗なBGMをバックに絡みシーンです。(このBGMが耳にこびりついて離れないです)
葵学院高等部テニス部の夏合宿で軽井沢にやってきた鷹塔薫は、この学校出身で合宿の特別コーチとしてやってきた麻生司と関係を持ってしまった。

2人の出会いは、麻生司が高校部・鷹塔薫が初等部の時だった。
高等部の司の打ったボールが初等部のコートに入ってしまったことから始まる。
薫はそのボールを司に渡した。 薫にとって司は憧れの先輩。
司も薫の第一印象が「君は天使なのか?」と心惹かれたはずなのに、いつもフェンスの向こう側から視線を感じるのがウザくなってきて、迷惑なんだと拒絶してしまう。
しかし、どうやらその時から司の心の中には薫は特別な存在になっていたのだった。

4年ぶりに再会した2人。
大学チャンピオンの司相手では高校トップクラスの実力の薫でも全く歯が立たない。
練習最後のランニング中に薫は肉離れをしてしまって歩けなくなった。
司が薫を介抱していると雨も降ってきて2人は教会で雨宿り。
そこで思いもかけず司から告白された薫。
歩けない薫を自分のホテルで世話をすると連れて行き、さらに深い関係に。
薫にとって司は憧れの先輩、こんなつもりじゃなかったのに…この関係を続けていいのだろうか…

ここまでは深く考えずに聞ける話。この先複雑な人間関係が隠れているとは思いもよらなかった。
サスペンス物のネタばれは控えた方がいいのだけれど、この人はこの物語のキーパーソンだから。
葵真百合 司の婚約者であり、薫の義理の姉。この人がガッツリ悪役です。
跡継ぎ問題で薫に難癖をつけてきていて(薫の事が相当憎いらしい)
でもって、婚約者である司に薫を陥れろと責めている。
司は薫を本当に愛しているから陥れる事なんてできやしないけれど、司は両親を失くした後葵家に身元を保証してもらっているから逆らえない。

複雑に絡まってます! 以下ネタバレ自重します。続きは聞いて下さい。

なんだかんだで2人ともどっぷり虜になっています。
あのBGMで絡みのシーンを聞くと淫靡な世界ですね~。
忘れてた、華麗にスルーするところでした。
テニス部員に薫の幼馴染みで薫の事が好きな史彦、その史彦を好きな後輩の元紀。
後輩の方が“攻め”です。 薫が好きなのに元紀と身体をつないでしまう史彦、それでも心は薫に向いていて報われない。

この作品のポイントとなるところ。
1.堕天使ゲーム前編のクライマックス、司が間一髪で薫を助けるシーン。
あれはドキドキします! 
あれが後から薫のモノローグで分かったけれど偶然が重なって助かった。
2.堕天使ゲームの後編の本編ラスト、原作を端折られた感があって分かりにくいけれど、
薫の二重人格設定が出てきて、“天使の薫”と“黒い薫”の2人が「薫」の中でせめぎ合っていて
天使の薫が黒の薫に負けて消えてしまうかもしれない、と天使の薫が司に別れを言うんですよ。
司に一緒に行こうと言ってもらえて、心の底から喜ぶのは天使の薫でも、明日になって司と共に過ごすのが黒い薫かもしれない…
すごく切なくないですか!?
最後は意外でした。そう来たか…、
いいよ天使の薫! 自分で幸せをつかんだね!! (あ、ネタバレしちゃった!笑)

司がかすれ声で「かおる…」と囁く声が すっごーい色っぽいです。腰にきます。
子安さんのかすれ声は最強!!
薫の声も甘々すぎず、甘える声も可愛くて色っぽい。個人的には二重人格の演じ分けが好きです。

緑川さんと先生の対談は、
出来ればドラマを聞く時はそこを飛ばさないと気分がブチっと切れてしまいます。
あとでまとめて聞くことをお勧めします。それにしても先生どんだけ緑川さんが好きなんだか…
関連記事
2011/02/07 22:06 BLCD TB(-) CM(2)
コメント
堕天使ゲーム
エンジェルゲームの続きになるんですよね。
堕天使ゲームは聴いてないんですが、やっぱり決着はつくんですね?
エンジェルゲームで、台詞が飛びすぎて、説明不足な感じがあったので、ストーリー
を追う気になれなかったんですよね。
このシリーズの子安さんの声は本当にきれいですねv-344
2011/02/08 23:13 芽衣 URL [ 編集 ]
Re: 堕天使ゲーム
>芽衣様
エンジェルゲームでは従順だった薫が、堕天使ゲームでは変わります。
堕天使~も端折った感は否めませんが、こっちの方が場の盛り上がりが何度もあって聞きごたえがありました。
機会があったら続きも聞いてみてください。

子安さんの声は綺麗で品があって、聞いていて心地よかったです。
2011/02/09 14:51 ピッコロ URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
子安ファン歴8年目、 演じるキャラよりも、とにかく子安さん本人が大好き! 声も姿もベストは30歳前後の子安さん。 演技に対する姿勢に尊敬しつつ、素の子安さんのカワイイところも好き。

ピッコロ

Author:ピッコロ

プロフィール画像の説明、 ピアノは私の趣味(子安ソングを弾いています) キリンは子安さんの好きな動物、 キリンの後ろの青い本は子安さんの写真集なのです
応援中
「【VITA版】恋プリ 5人の恋プリンス~秘密の契約結婚」成瀬・ルカ・響(cv子安武人) 空の軌跡 FC Evolution
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
声優
17位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。