子安パラダイスな日々。朝から晩まで子安漬けです!
T'sぱらだいすの顔
banner
見つからないときはこちらで検索
検索ワードに対して関係のない記事しか出てこなかった方、ここでもう一度検索してみてください。きっと辿り着きます!
ポチッとよろしく
皆さんが押してくれるとランキングに反映されます。よろしくお願いします。
にほんブログ村 アニメブログ 男性声優へ 人気ブログランキングへ
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
イニシャルD Final Stage
1・2話の配信開始は、あの衝撃的な劇場版イニDニュースの直後でした。
傷心のまま見ました。
3・4話の配信はだいぶ間があいたおかげでほとぼりも冷め、
冷静に楽しんで見ることができました。

ファイナルステージは乾戦
拓海君で免疫は出来ましたが信司君の幼さにはビックリ!
もちろん無免許ですなwww

同じ86同士で、狭い峠で抜きつ抜かれつのバトル
これまでにない手に汗握る展開でした!
信司君は拓海君の車に羽根が生えたように見えたことがあって
羽根を見たいから拓海の車に先を譲る。
動揺した拓海は当然生き生きとした走りができないので羽根は生えない。
見えないんだったら後ろにいる意味ないや、なら追い抜くか。

その後スイッチの入った拓海、
これまで負けたことのなかったカーブを拓海が難なくついてきて、今度は信司が動揺。
再び抜き返す拓海。
今度こそ羽根が生えた拓海の車
ここはマジ鳥肌立った!

ラストスパートは2人とも全開で、拓海が本気を出した時のブラインドアタック!
そしてまさかこんな結末になるとは・・・
ハチロクのラストランとしては本当の完全燃焼でした。(拓海君じゃなくて車がねw)
信司君も負けはしたがいい顔をしていた。
見守ったギャラリーも完全燃焼しただろう。
本当にいいバトルだった。
一ファンの私もこのラストランで完全燃焼出来ました。
もう劇場版に未練はない! (←ほんの少しだけ未練があったのです)

エンディングに名曲 「Gamble Rumble」を使い、これまでのバトルシーンを振り返り
最終話のエンディングは懐かしい 「Rage your dream」
登場人物のその後の活躍を描く嬉しい演出。
啓介さんはプロのレーサーに、涼介さんはその後も若手の育成をしている模様。
グラサン涼介さんがめちゃくちゃカッコイイ!
最後に、拓海が運転する青のインプレッサとすれ違ったオレンジの車
2012年に蘇った現代版の新型ハチロクで、
ナンバーが86-239(ハチロクにサンキュー)

私は全く気にも留めなかったのだが(拓海君は振り向いていた)調べていたらそんな書き込みを発見。
気付く人は気付くんだね~。最後まで心憎い演出でした。

長い道のりでした。
アニメが始まったのが1998年、あの頃の涼介さん愛用のパソコンはデスクトップ型でした。
5thになっていつの間にかノートパソコンになっていました。もちろんスマホ!
時代が変わりすぎたのに、物語の中ではたった1年そこそこらしい。
真子と沙雪の会話で、
2人が拓海君とバトルしたのが1年前、彼はまだ高校生だった という衝撃の発言。
え、たったの1年なの!?あれから16年経ちましたが…www

涼介さんは5thになってからキャラデザが変わって、なんかチャラくなりました。
私は4thのクールビューティな涼介さんが好きだったな。
逆に拓海君は精悍な顔つきになった。
ところで、プロジェクトDの「D」の意味、連載時の速報で「ドリーム」だったことが判明。
正直なにそれwwでした。なんか後からとってつけたようでww
ドリフトでいいじゃないか。そっちの方が清々しい。
でもね、香織さんとの回想シーンで夢という言葉は出てきたのでそんなに驚かなかったな。
香織さんの「男の人には夢があっていいと思う」と
スパイラル池田さんの「走る事とは何だ?」に対する涼介さんの答えが夢でした。

涼介さんが香織さんの墓前で言いました。
「プロジェクトDのイニシャル、ドリームに込めた夢だから・・・」
アニメ前は涼介さんがそれ言っちゃうか~という気分でしたが、
意外とすんなり聞けました。話の流れで違和感はなかったです。

拍手ありがとうございました。
ブログランキングに参加しております。
サイト左上のバナーをポチッとして下さいまし。励みになります。
関連記事
2014/07/03 18:58  アニメ感想 TB(-) CM(7)
コメント
イニDは感慨深いです。学生時代に映画館でイニD映画見た記憶があったり単行本も全巻買ってたので本当にスタッフ、声優さん達に感謝です。
元々学校で流行っていたのですが子安さん出演だと知って
一気に好きになったのを覚えてます。
当時のラジオで蛾の役やギンガナムや変な役ばっかやってて
イニDが美形の最後の砦と言ってたのが面白かったです。
来季も変わらず悪役や王子、人外、パパなど色々見たいですね♪
2014/07/04 21:46 オトキチ URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>オトキチ様
イニDは子安ファンになってから見た遅咲きファンですが、
ハチロクやライバル達が乗っている車種が
私が高校生~社会人の時代に流行っていた車だったこともあり
すぐにファンになりました。
今日近所を車で走っているときにあのオレンジのハチロクが目の前に!
さすがにアニメのラストを何度も見た直後だったので、
確信を持ってハチロクと分かりました!

蛾の役とは? ギンガナムってあの当時では変な役だったのでしょうか。
夏アニメは今のところ佐助しか確定していないので
他にももっと出てきてほしいですね。
2014/07/05 20:42 ピッコロ URL [ 編集 ]
蛾は当時の犬夜叉のキャラですね。
ギンガナムはマッチョなサムライ呼ばわりされて
今でこそ子安さんの幅の一つでしたが
当時はまだ太い声出すのは珍しかった?
因みに元はゲムドラのお正月の回だった気がします。
富野さんと一緒のアフレコで張り切り過ぎて喉がボロボロでしたw
2014/07/06 11:39 オトキチ URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>オトキチ様
なるほど~、今は人外もぶっとい声も当たり前な子安さんですが
あの頃はまだ珍しかったのですね。
ギンガナムは全力で向かっていたそうですね。
声もボロボロになりそうだww
そしてそのままラジオもこなす。そんな時期もあったのですね~
昔のお話ありがとうございます。
ゲムドラ日記をブクマしてあるのですが、また読み返したくなりました。
2014/07/06 16:45 ピッコロ URL [ 編集 ]
車好き
車のスキール音、そしてエンジンの音がリアルでなおかつ解説する事で燃えるし童心くすぐってほんと憧れであり、男としての硬派な心意気感じますね、特に、スピード感溢れる駆け引き、ここぞで車を壊す斬新さこんなこと出来るのは素晴らしいですね
2015/03/25 04:12 特命 URL [ 編集 ]
Re: 車好き
>特命様
車好きな男性ファンからのコメント、ありがとうございますm(_ _)m
以前車メーカーに勤めていたのでイニDには思い入れが深いのです。
凄腕の運転技術やバトルの駆け引きに惹きつけられますが
どんなに理屈をこねても彼らが運転が大好きで、
運転の楽しさが伝わる!
そこもポイントです。
2015/03/25 23:02 ピッコロ URL [ 編集 ]
イニシャルD藤原拓海の本当のその後は、
アニメにはありませんが連載時は2008年、コミック版48巻に中学生時代の拓海外伝の最後に「後に世界のフィールドで頭角をあらわし不世出の天才ドライバーと呼ばれるようになる男の少年時代の逸話である…」と書いてあります。
2016/02/10 15:47 零戦 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
子安ファン歴8年目、 演じるキャラよりも、とにかく子安さん本人が大好き! 声も姿もベストは30歳前後の子安さん。 演技に対する姿勢に尊敬しつつ、素の子安さんのカワイイところも好き。

ピッコロ

Author:ピッコロ

プロフィール画像の説明、 ピアノは私の趣味(子安ソングを弾いています) キリンは子安さんの好きな動物、 キリンの後ろの青い本は子安さんの写真集なのです
応援中
「【VITA版】恋プリ 5人の恋プリンス~秘密の契約結婚」成瀬・ルカ・響(cv子安武人) 空の軌跡 FC Evolution
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
サブカル
349位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
声優
18位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。